Q & A   リラックスワゴンのよくある質問

どうして10人乗りなの、9人以下にならないの?
ハイエース車両本体のブレーキ強度がワゴン車の場合10人以上と9人以下で強度基準が違います。
そのため10人以上の乗車定員を確保しないとワゴン車としての登録が出来ません。
メーカーで販売しているハイエースワゴンもすべて10名以上の定員になっているのはこのためです。
ほかのレイアウトはできないの?

当社ではお客様のご要望にお答えするべくさまざまな室内パターンを設定しております。

すべて 乗車定員確保のため室内寸法を計算してお作りしているレイアウトです。
そのほかのレイアウトも乗車定員の基準をクリアすれば可能ですので、お使いになりたいスタイルをご相談ください。当社の担当者がご相談に応じます。現在もお客様のご要望でさまざまな室内パターンのリラックスワゴンが製造されています。(別途お見積もり)

チャイルドシートを取付けできますか?

当社の車両には乗車位置すべてにシートベルトを取り付けております。

前向きシートには3点式シートベルトが装備され チャイルドシートの取り付けも問題ありません。

横がけ部分には2点式ベルトを取り付け事故の際の車外放出を防止します。

リラックスワゴンブレイヴのセカンドシートにはISOFIXが装備されておりワンタッチでチャイルドシートの取り付けが可能です。

 

8ナンバーと3ナンバーはどこが違うの?
8ナンバーは特種用途としての車両になります。キャンピングカーなども特種車両に含まれます。
そのため室内高の制限があり、また流し台、調理台など、装備しなければならないものが義務づけられておりますが 3ナンバーワゴン車の場合は乗用車としての要件を満たした車両という位置づけになります。
そのためキャンピングカーのような室内高制限や装備は必要ありません。
キャンピングカーのような装備をつけることはできるの?
可能です。
ワゴン車でもキャンピングカーと同じような装備をつけることはできます。
冷蔵庫、FFヒーター、ベンチレーター、サイドテント、流し台設備をつけることも可能です。
乗車スペースがきちんと確保されていれば、その際にキャンピングカーのような構造上の制限を受けることはありません。
しかしワゴン車としての乗車スペースを削っての設置はできません。
3ナンバーと8ナンバーの諸費用の違いは?
3ナンバー車両の場合 新車時に3年の車検有効期限が受けられます。
8ナンバーは新車時でも2年の有効期限となりますので一概に比較はできませんが、自動車税は8ナンバーが¥40800-(年額)に対し3ナンバーは¥51000-(年額)となります。
自賠責保険は3ナンバーのほうが安く24ヶ月(2年)で比較した場合3ナンバーは¥24950-、8ナンバーは¥32100-となっております。(2011年4月以降)
全体の諸費用を比べた場合あまり差がでないといえます。
また3ナンバー乗用車のメリットとして任意保険加入の最に保険会社の選定などの選択肢が広がる場合があります。
ページの先頭へ